「青菜と揚げの煮物」と「肉そば」のレシピ。

青菜と揚げの煮物

副菜として重宝している「青菜と揚げの煮物」

かんたんにさっと作れます。

アレンジレシピとして「肉そば」も作りました!
アレンジというか乗せただけなんですが・・・煮干しだしをつかっていて相性がいいのでおすすめです!

作り置きの場合のレシピ【約10人前】

材料【写真】

材料

材料【約10人分】

調味料を除いて材料費は227円でした。

  • 小松菜…1袋
  • 人参…1本
  • 油揚げ…2枚
  • いりこ…10匹

合わせ地

  • うすくち醤油…20㏄
  • みりん…20㏄

作り方【写真】

人参をボイルする

  • 人参を千切りにカットする。
  • お湯を800㎖くらい沸かし人参を少し茹でる。
  • サッと湯通しできたらザルにあげる。
  • 油揚げを2㎝くらいの太さに千切りする。
材料

煮立てる

  • 鍋に水300㏄といりこ10匹を入れて火にかける。
  • 煮立ったら合わせ地(うすくち20㏄+みりん20㏄)を入れる。
  • いりこを取り除き、人参、油揚げを入れる。
  • 油揚げがクタッとなる間、小松菜の根を切り落とし、サッと洗い、ざく切にする。
煮る

小松菜を入れる

  • 油揚げがクタッとなったら小松菜を加えしんなりするまで煮る。
小松菜は茎と葉の部分を入れるのに時間差をつけなくてもよい。
歯ごたえの違い「歯のクタッと・茎のシャッキッと」が楽しめる。
  • 器に盛りつけてできあがり!
  • 残りは冷めたらタッパに入れて冷蔵保存します。
できあがり!

肉そばのレシピ

この「肉そば」にハマっていた頃は毎食!食べていてその時期はニキビができなかったです。たぶん2週間くらいぶっ続けで食べてた。
私の肌荒れしたら食べるレシピです。

材料【写真】

肉そばの材料

材料【1人分】※そば1杯分

  • 青菜と揚げの煮物…適量
  • 牛肉の時雨煮…適量
  • たまご…好みで
  • そば…1把
  • 煮干しだし…200㎖
  • みりん…25㏄
  • こいくち醤油…10㏄
  • うすくち醤油…10㏄

牛肉の時雨煮の作り方【約4人分】

牛肉の時雨煮

材料【写真】

牛肉の時雨煮材料

材料【約4人分】

調味料を除いて398円でした。
しょうがは豚の生姜焼きをつくったときの余りです。

  • 牛肉…250g
  • しょうが…少々(私は生姜好きなので多めです。)
  • 砂糖…90㏄
  • 酒…10㏄
  • みりん…25㏄
  • こいくち醤油…90㏄

作り方【写真】

  • 牛肉をサッと霜降りする。
霜降りとは
沸騰した湯にサッと通すかかけることで、素材のもつ臭みを抜くこと。
身をしめることでうまみを逃がしにくくなる効果もあります。
 
  • 霜降りをした後、油で炒めてしょうが(みじん切り)を入れる。
    ※しょうが汁なら最後に入れる。
  • 砂糖、酒、みりん、こいくち醤油の順に入れ込んでいく。
  • 味がなじんだら甘辛くてスタミナのでる「牛肉の時雨煮」のできあがり!
ごはんの上にのせてもいいですし、肉そばにのせてもGOOD!
時雨煮完成

肉そばの作り方【1食分】

  • 煮干しだしをつくる。前日に仕込みをする。
  • 水300㎖に対して煮干し10gを入れる。1日冷蔵庫へ入れる。(1週間以内に使用する)
水だしだと煮干しの頭とはらわたの苦みが出てこない。
  • 鍋でめんつゆをつくる。
  • だし200㎖、みりん25㏄、こいくち10㏄、うすくち10㏄を入れ沸騰直前に火を止める。
肉そばだし
  • そばをたっぷりの湯でゆがき、冷水でしめる。
  • 肉そばにたまごをトッピングするため、湯を沸かし塩、酢を少々入れてたまごを茹でる。硬さはお好みで。
  • 水切りしたそば、めんつゆ、時雨煮、青菜と揚げの煮物、たまごを盛り付ける。
盛り付ける
  • できあがり!
できあがり!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です