知識問題を落とすのはもったいない

サーティファイ主催の民間資格である「Webクリエイター能力認定試験」
「スタンダード」と「エキスパート」の2種類あります。
「エキスパート」になると知識問題が出題されるのですが知識問題が一番合否を左右するポイントだったなと振り返ると思います。
はじめ、選択問題なので勘でいけるかと思いきや解いていくと3割くらいしか正解しない、、、。
合格基準は65%以上だから最悪知識を全部落としたとしても合格圏内ですがコード入力をとちらないとは限らない。

コード入力をマスターするよりカンタンなのでここを落とすのはもったいないです。

私の対策したこれだけ押さえとけば知識問題80%とれるまとめです。(赤字部分が重要

HTML5&CSS3知識問題まとめ

ビジュアルデザインの基礎

レイアウトの原則

4つの基本原則 整列・近接・反復・対比(コントラスト)

グリッドシステムグリッドデザイン

レイアウトの手法。架空の縦横に引かれた基準線(グリッド)に沿って画面を分割し、文章や画像を配置することですっきりとした印象を与えるとともに、情報の論理構造やまとまりが理解しやすくなるとういう利点を持つ。グリッドデザインはスイスのグラフィック・デザイナーであるヨゼフ・ミューラー=ブロックマンによって提唱されたデザイン手法。

シェイプとプロポーション(縦横比)

黄金比1:1.618(約5:8)西洋美術で最も美しい比率。
白銀比1:√2(約1.1.4)半分にしても比率が同じになる

等量分割(和のシェイプ)

写真の構造を決めるときによく使われる手法。画面を整数比で分割。
三分割法(1/3ルール)画面を縦横三分割し、その交点に被写体を移すことで、躍動感が出ます。

タイポグラフィ

文字のデザイン上の表現

アンチエイリアス線をなめらかに見せるためにわざと輪郭をぼかして表示する。文字と背景の境界部分を両者の中間色で埋めることでジャギーを目立たせなくする方法。
<文字と文字の間のスペースの調整>
カーニング文字を指定して調整
トラッキング(字送り)一連のテキスト1字1字に対して等間隔の空きを割り当てるテクニック。
文字詰め和文の前後の空きを調整する。
ベタ組み全角の正方形にきちんと並べる
ツメ組みすこし重なる領域がある
アケ組みすこし離れる領域がある
混植フォントを変えてテキストを組むこと。明朝体+ゴシック体の組み合わせなど。
ジャンプ率

本文を基準にして見出しなどの文字をどれだけ大きくするか。

ジャンプ率が高い…文字の大小の差が大きい。

Webページの配色

ベース メイン アクセント
 70 : 25 : 5

  • メインカラー(25%) 主役となる印象を決める色。コーポレートカラー
  • ベースカラー(70%) 主に背景色。白っぽい色にすることが多い。
  • アクセントカラー(5%) 鮮やかなアクセントとなる色。重要なボタン、バナーリンクテキストなどに使用。
  • Webセーフカラー 8ビットカラー256色のうち、マッキントッシュとウインドウズで異なる40色を除いた216色をWebセーフカラーという。
    #6桁の数字かアルファベットで表され、#_ _ _に00,33,66,99,ff,ccが入る。

    ※03やcfは入らない。

  •  

画像加工の操作

  • トリミング・・・使いたいところだけとる。
  • リサイズ・・・トリミングせず小さくする。
  • カラー補正、トーンカーブ、レベル補正
  • エフェクト(ドロップシャドウ、ぼかし)

使いやすさを考えるユーザビリティ、より多くの人に情報を提供する アクセシビリティに配慮したデザイン

  • サイトマップ・・・ユーザビリティの観点ではサイトのコンテンツ情報の位置関係を階層的に表したWebページクローラーにサイトマップからの当該サイトリンクをくまなく巡回してもらう点でSEO対策としても有効である。Webサイトの構成一覧を案内する。
  • パンくずリスト・・・現在のWebページまでの経路を階層状に各ページで表記したリンク。ユーザーがサイト内で迷わないよう現在表示されているページをトップページから階層状に表示したもの。

参考にしたもの

Follow me!