「牛皿」刺身醤油マジ卍

牛サラ丼

九州人は甘口醤油が好きだ。そしたら刺身醤油も好きじゃん!
甘い=うまい!
気温が高い程、甘いものがおいしく感じられるので夏食べるのにはもってこいでございます。

また九州と甘いものの関係としては江戸時代の長崎の出島での貿易で手に入った砂糖の歴史と紐づけられるそうです。シュガーロードといって砂糖を運ぶ道では砂糖と一緒に菓子作りの技術が伝えられました。そして日常の料理も甘みが強くなっていきました。

鉄火丼を作った関係でさしみ醤油に急にハマってしまった私。
レシピ本をめくっていってさしみ醤油を使っているものを発見しまい作ることにしました。

「牛サラ丼」

私の料理の特徴としては彩りや栄養バランス補填のためにガンガン野菜を追加していきます。
なのでちょっと様子がおかしいですがとってもおいしくできました!

パプリカの肉感がすごくいい!

「スタミナ満点/見た目鮮やか/日持ち抜群」と三拍子そろいました!

牛皿のレシピ

材料【写真】

材料

調味料を除いて材料費は1188円でした。

【調味料】
レモン汁・・・小さじ2
酒・・・大さじ1
塩こしょう・・・適宜
<タレ>
さしみ醤油・・・50㏄
にんにくおろし・・・1.5個
【材料】
牛カタ切落し・・・250g
にんにく・・・1.5個
/皮をむいてスライス
にんにく・・・1.5個
/皮をむいてすりおろす
しめじ・・・1袋
/石づきをとり、子房に分け水洗い
えのきだけ・・・3袋/石づきをとり、子房に分け水洗い
赤パプリカ・・・2個/ヘタと種と芯を取り除きながら水洗い、スライス
黄パプリカ・・・1個/ヘタと種と芯を取り除きながら水洗い、スライス
玉ねぎ・・・1個/皮をむいてスライス
にら・・・1袋/根を落として水洗い、適当な大きさにざく切り

材料費1188円の詳細

材料名金額(税込み)総量今回使った分約10人分
牛カタ切落し398円250g全て398円
にんにく108円3個全て108円
しめじ108円1袋全て108円
えのきだけ108円3袋全て108円
赤パプリカ108円2個全て108円
黄パプリカ162円1個全て162円
玉ねぎ54円1個全て54円
にら74円1袋全て74円
レモン205円3個1個68円
合計1188円

作り方とポイント

材料の下処理とカット等をしたら鍋とフライパンで炒めていきます。

①鍋にを引いて弱火でにんにくスライスを香りが出るまで炒める。

玉ねぎを入れ、くたっとなるまで炒める。

しめじ、えのきだけ、パプリカを加える。

④炒まったらにらを加え、混ぜ合わせ火を止める。

⑤フライパンで牛肉を焼き、焼き目がついたら塩こしょうで味を整えレモン汁、酒をふり入れる。

【調味料】
レモン汁・・・小さじ2
酒・・・大さじ1
塩こしょう・・・適宜

タレを入れ混ぜ合わせる。

<タレ>
さしみ醤油・・・50㏄
にんにくおろし・・・1.5個

⑦鍋で炒めていた具材を合わせる。

⑧軽く混ぜ合わせたら器に盛りつけてできあがり!

作り方【ダイジェスト版】

作り方【詳細版】

効率重視で下処理しながら鍋で炒めていく。
野菜を鍋で炒めていく。
フライパンで肉を炒める。

アレンジ

①牛サラ丼・・・写真の通りどんぶりにごはんを盛り牛皿を必要な分だけレンジでチンしてのせる。そして生卵を落としたら牛サラ丼のできあがり!一番かんたん。

②オムライス・・・牛皿をオムライスの具にします。ごはんと一緒に炒めて皿に盛りつけます。次にバターとオリーブオイルをフライパンに回し入れ半熟のオムレツをつくり、かけたらできあがり!
オムライスをきれいにつくるコツはテフロン加工がしっかりした良いフライパンを使うことです!
技術よりフライパンの性能が大事。あと弱火でやれば時間はかかるけど間違いない。

③パスタ・・・今回は作らなかったけどパスタの具にもなれます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です